よく、松坂牛などのお肉を見ると、等級が付いていますね。

A5は高級なお肉と言われていたりしますが、このお肉の等級は、どのように見るのでしょうか。

松坂牛など高級牛肉の等級を見る時には、2種類の等級が示されています。

歩留り等級と言われるものと、肉質等級と言われるものです。

お肉を切り取る時、皮や骨、内臓などを取り去った肉を枝肉と言いますが、枝肉の割合が多いほど等級が高くなります。

これが歩留り等級というものです。

つまり、同じ体重の牛でもたくさん肉が取れる牛の方が、肉質が良いというわけです。

歩留り等級はA、B、Cの3段階で表し、Aが最も良い投球になっています。

一方で肉質等級と言われる方は、脂肪交雑、肉の色沢、肉のしまりときめ、脂肪の色沢と質の4項目について、それぞれ評価されます。

脂肪交雑とは霜降りの度合いのこと、肉の色沢とは、肉の色と光沢の具合、肉のしまりときめは見た目、脂肪の色沢と質は、色と光沢、質を見極めて、評価を決めます。

肉質等級は、1〜5までの5段階で評定され、5が最も良い肉とされています。

つまり、松坂牛の中でもA5にランクインされるようなお肉は、相当評価の良い高級牛肉ということができるというわけです。

その割合は、全体の牛肉の中の、数%しかランク付けされることがないと言われているほどです。

松坂牛の中でも超高級と言われるA5ランク
の部分、ぜひ食べる機会があったなら、逃さずにしっかり食べてみたいものですね。